食からはじめる、エイジングケア!体内美化委員会は大人のキレイをつくるレシピを提案します

ホーム » 読んでキレイ » 育ててココロ豊かに ベランダで育てられるハーブ

育ててココロ豊かに ベランダで育てられるハーブ

2012.05.2

気温も上がって日差しも強くなり、ハーブの生育にも勢いがついてきます。花が咲き、いろどりも豊かになって楽しみがいっぱい。ご家庭でハーブを育ててみませんか?
初心者の方には苗から育てることがおススメです。園芸店やホームセンター、ハーブ園などで購入できます。

育てやすいハーブとその特徴は?

ローズマリー…日当たりと水はけさえ良ければ特に土は選ばず、多くの場所でよく育ちます。成長すると木の状態になり一年中楽しむことができます。挿し木で比較的簡単に増やすこともできます。

ミント…清涼感あふれる香りで馴染みのあるミント。お菓子や飲料、化粧品、そのほか多くのものに利用されており、最も親しまれています。
多年草で丈夫な育てやすいハーブの一つです。寒さには比較的強いですが、極端な乾燥と蒸れが苦手です。適度に風通しが良い場所で育てましょう。

タイム…清涼感を活かし口内清涼剤、歯磨き、石鹸、トニックなどに使われているハーブです。料理にもよく使われ、肉や魚、卵、野菜など、さまざまな素材に合います。日当たりと風通しが良く、水はけのよい土で育ちます。一度植えると木の状態になり、ほぼ一年中楽しむことができます。
レモンバーム…生育が早く、比較的寒さ暑さにも強く丈夫です。室内でもよく育ちます。明るい日陰となる水はけの良い場所を選んであげましょう。

バジル…イタリア料理や地中海料理でお馴染のバジル。消化不良・嘔吐などに有効と言われています。バジルは頭を明晰にし、精神的な疲労を回復させ、心を強くし明るくする効果が期待されます。
よく日のあたる場所で育てます。発芽・生育温度は13℃以上なので、ゴールデンウィークごろに植えるとよいです。

セージ…「庭にセージを植えている者は不老不死」「長生きをしたければ5月にセージを食べなさい」ということわざがあるセージ。肉類、特に豚肉との相性が良く、ソーセージの語源になっています。 セージは生命力が強く、他のハーブと比べてとても育てやすいです。ただし、水はけが悪いと根腐れを起こしてしまうので、梅雨時は注意しましょう。
セージを使ったレシピはこちら

選ぶときのポイントは?

購入する際には、茎がしっかりとしていてぐらつきのないもの、葉がみずみずしく、香りの強いものを選びましょう。そして、土の入ったポットの部分を触ってみて柔らかいものが良いでしょう。堅くなっていると土の水はけが悪くハーブが根腐れしている可能性があります。

育て方のポイントは?

苗を購入してご家庭に持ち帰ったら、鉢やプランターに植えかえます。ハーブには比較的通気性が良く排水性の優れた素焼きのものが適しています。
底に軽石などの鉢底石を敷き、苗と土を入れていきます。土はハーブ専用にあらかじめブレンドされたものが売っているのでそれを使うと便利でしょう。
ハーブは地中海原産のものが多く比較的乾燥した気候を好みます。したがってあまり水をやりすぎると根腐れの原因になってしまいます。しかし適度な水分がないと十分に光合成をおこなうことができません。したがって真夏の暑い時期以外は基本的に1日1回、土の表面が乾いてきたら水をやるようにするといいでしょう。

お庭がなくても、ベランダのプランターで育てられるハーブ。お料理のちょっとしたアクセントに使うと、お料理をするのも楽しくなりそうです。

今月のサプリ



プレミアム ローズヒップビタミンC1000: 野ばらの実ローズヒップには、ビタミンやミネラルが豊富にバランスよく含まれています。中でもビタミンCレモン果汁の約20倍も含まれ事前の単一食品の含有量では世界一といわれています。
セントジョンズワート: 冴えない気分を晴れやかに。精神的なトラブルの多い現代人に、健やかなこころの維持におすすめのハーブです。
低温絞り亜麻仁油: 1粒にアマニ油1000mg。いつまでも若々しくいたい方にオススメ

※今月の月サプリとは?
毎月テーマを決めて美や健康に取り組む中、そのサポートに最も適していると思われるサプリメントを提案し、メンバーが実際に試しています。